« BPOに「辺野古の米軍基地建設に関するNHKの報道の不公平と不作為を正すための審議を求める要望書」を提出しました。 | トップページ | 7月12日にシンポジウム「沖縄 戦後70年:基地問題とジャーナリズム」--”辺野古から考える日本のジャーナリズム” »

2015年5月18日 (月)

「NHKではたらく皆さんへ 政府からの自主・自立を求める視聴者・市民の訴え」ビラ配布について

「放送を語る会,日本ジャーナリスト会議、マスコミ9条の会、アクティブ・ミュー ジアム”女たちの戦争と平和資料館”」が全国のNHKの門前でNHK関係者に「NHKではたらく皆さんへ 政府からの自主・自立を求める視聴者・市民の訴 え」というビラを配布する予定です。(当会も賛同しています。)
(東京では5/26の予定)
-------------------------------------------------------------
私たちはNHKがかつてない危機にあると感じています
「籾井会長NO!」
 ~全国の市民の声に 耳を傾けてください~
・・・・・・・・・・
ビラPDFは
https://app.box.com/s/16bsnq7iwt79kpovv1u1xy3ujaev6pap
からダウンロードできます。
Ryou3_2
--------------------------------------------

http://www.geocities.jp/hoso_katarukai/event2.html
      第54回放送フォーラム
             NHK籾井会長のハイヤー利用の公私混同、
                   クローズアップ現代のやらせ疑惑にゆれるNHK!

         
         NHKの危機  いま何が問われているか
                 元NHK経営委員長代行 上村達男氏にきく

NHK 籾井会長の罷免、辞任を求める市民の運動が高まる中、会長の任命・罷免の権限を持つNHK経営委員会の動向が注目を集めてきました。上村達男氏はこの間、 経営委員長代行として、籾井会長批判の姿勢を貫き、会長の発言は放送法違反と主張されています。今年2月に退任された上村氏に、籾井会長をめぐる経営委員 会の議論、NHKのあり方について大いに語っていただきます。
NHKについて考えるまたとない貴重な機会ですので、市民の皆さんが多数参加 されるよう呼びかけます。
(上村達男氏のプロフィール)1948年東京生まれ、早稲田大学法学部教授(専門は会社法、資本市場法)
2012年3月NHK経営委員に就任、2013年7月委員長代行者、2015年2月退任NHKについて「日本の社会が成熟市民社会へと構造転換を遂げる、そのために NHKの果たす役割は決定的と思う」と述べている
好きな言葉―ものを言うなら声を低く語れ(ミケランジェロ)
      

          日時 2015524() 13301630
          場所 千駄ヶ谷区民会館(2階 集会場)
                   
                    
           
主催
 放送を語る会  協賛 日本ジャーナリスト会議・メディア総合研究所
--------------------------------------------
また、際立つ「政府広報化」~NHK政治報道~(「マスコミ市民」2015年3月号掲載)は
http://www.geocities.jp/hoso_katarukai/150306masukomi.pdf
からダウンロードできます。

|

« BPOに「辺野古の米軍基地建設に関するNHKの報道の不公平と不作為を正すための審議を求める要望書」を提出しました。 | トップページ | 7月12日にシンポジウム「沖縄 戦後70年:基地問題とジャーナリズム」--”辺野古から考える日本のジャーナリズム” »

momii辞任」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185402/60045788

この記事へのトラックバック一覧です: 「NHKではたらく皆さんへ 政府からの自主・自立を求める視聴者・市民の訴え」ビラ配布について:

« BPOに「辺野古の米軍基地建設に関するNHKの報道の不公平と不作為を正すための審議を求める要望書」を提出しました。 | トップページ | 7月12日にシンポジウム「沖縄 戦後70年:基地問題とジャーナリズム」--”辺野古から考える日本のジャーナリズム” »