« 地デジ化1台すれば、一部世帯は2台目安心 CATV | トップページ | NHKのど自慢、会場の埼玉・所沢市が400万円を負担 »

2010年11月 2日 (火)

捜索情報漏えいNHK記者、停職…会長ら減給

2010年11月2日(火)19時13分配信 読売新聞 
 大相撲の野球賭博事件を巡り、NHKの記者が警視庁の捜査対象になっていた時津風親方に捜索情報をメール送信していた問題で、NHKは2日、メールを送った報道局スポーツ部の男性職員(31)を9日付で停職3か月の懲戒処分にすると発表した。

 「捜査に支障を与えかねない行為で、公共放送に対する信頼を著しく傷つけた」と判断した。停職処分後、職員は記者職から異動させる。

 また、記者教育が不十分だったとして役員らの管理責任を問い、2日付で福地茂雄会長が減給50%1か月、日向英実放送総局長と報道担当の今井環放送副総局長が同30%1か月、コンプライアンス担当の吉国浩二理事が同20%1か月とした。冷水(しみず)仁彦(よしひこ)報道局長ら上司5人も減給処分とした。

|

« 地デジ化1台すれば、一部世帯は2台目安心 CATV | トップページ | NHKのど自慢、会場の埼玉・所沢市が400万円を負担 »

ネット情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185402/37502599

この記事へのトラックバック一覧です: 捜索情報漏えいNHK記者、停職…会長ら減給:

« 地デジ化1台すれば、一部世帯は2台目安心 CATV | トップページ | NHKのど自慢、会場の埼玉・所沢市が400万円を負担 »