« ニューズレター第21号を発行しました。 | トップページ | 「NHK裁判資料集」・「評価集」出版記念シンポジウム NHK番組改変事件、10年目の検証 »

2010年10月16日 (土)

放送を語る会第39回放送フォーラム 番組制作者と語るETV特集「敗戦とラジオ」

10月29日予定の当会主催「放送フォーラム」のご案内です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第39回放送フォーラム 番組制作者と語る
ETV特集「敗戦とラジオ」
~番組が問いかけるもの~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

戦前NHKは国家宣伝機関として、国民の戦意高揚のために動員されました。敗戦後、GHQは日本の民主化にNHKを最大限利用し、ラジオに民衆の声を初めて乗せ、街頭録音放送を実施しました。しかし、冷戦の激化とともに方針転換。朝鮮戦争ではニュース原稿の検閲を行うなど、日本を「民主化」から「反共の防波堤」へと変えていきました。 8月15日放送の「敗戦とラジオ」は権力に翻弄されたラジオの歴史を明らかにする中で、そうした厳しい状況にあっても、GHQの命令に抵抗し、反骨の精神を燃やした放送人がいたことを描いています。

今回のフォーラムでは番組のディレクターや出演者とともにこの番組が今に何を問いかけるのか討論します。→案内用チラシ
**************************************************** 

ゲスト  大森淳郎さん(番組担当ディレクター・出席予定)
     堤 園子さん(番組出演者・当時NHK報道部員)
          松田 浩さん(番組協力者・メディア研究者) *****************************************************

日時  2010年10月29日(金)18時~21時

会場 渋谷勤労福祉会館 2F 第1洋室
(渋谷公園通りパルコ角℡03-3462-2511)→地図

終了後懇親会を予定(会費 2000円程度)

主催 放送を語る会協賛 日本ジャーナリスト会議・メディア総合研究所

「放送を語る会」HP http://www.geocities.jp/hoso_katarukai 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
──────────────────────────────────────
『敗戦とラジオ』を見て(1)あの頃のラジオを思い出しつつ: 内野光子のブログ

『敗戦とラジオ』再放送(11月7日、夜10時~)を見て(2)あの頃のNHKはよかったのか

|

« ニューズレター第21号を発行しました。 | トップページ | 「NHK裁判資料集」・「評価集」出版記念シンポジウム NHK番組改変事件、10年目の検証 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185402/37257720

この記事へのトラックバック一覧です: 放送を語る会第39回放送フォーラム 番組制作者と語るETV特集「敗戦とラジオ」:

« ニューズレター第21号を発行しました。 | トップページ | 「NHK裁判資料集」・「評価集」出版記念シンポジウム NHK番組改変事件、10年目の検証 »