« 原口総務大臣 NHKに「要請放送」を通知 | トップページ | 民放ラジオ、ネット同時放送解禁へ »

2010年3月12日 (金)

イベント: 第36回 放送フォーラム 危機にあるテレビ制作現場

放送を語る会フォーラム
― ブックレット「NHK番組改変事件」出版記念 ―

第1部【基調報告】 「いまテレビ制作現場で何が起こっているか
野中章弘氏(アジアプレス・インターナショナル代表)
第2部【討論】 ブックレット「NHK番組改変事件」をどう読んだか。今につながる問題は何か ~参加者とゲストの討論~
ゲスト 松田浩氏(放送研究者) 永田浩三氏(元NHKプロデューサー) 野中章弘氏

緊急報告 「今国会での通信・放送の法体系の改定の動き・放送法改正案の問題点

2010年3月27日(土) 13:30~16:30
渋谷勤労福祉会館第一洋室 ℡03-3462-2511 (渋谷駅から公園通りをNHK方面へ。パルコのある交差点) 終了後懇親会を予定(会費 4000円程度 学生半額)
主催 放送を語る会  協賛 メディア総合研究所・日本ジャーナリスト会議(PR用チラシPDF

Kate36

いま、テレビ制作現場の疲弊が深刻さを増しています。制作費の切り下げ、劣悪な労働条件。制作会社と現場労働者の無権利の状態、改善をかちとるための組織の不在、等々、番組制作という文化が危機にさらされている、と憂慮する声が各地で上がり始めました。

1月に刊行した「NHK番組改変事件・制作者9年目の証言」は、番組制作の生々しい実態の例を明らかにしました。この出版を記念して、テレビ制作現場の危機が何をもたらすのか、放送メディアや、放送・通信行政に市民は何を要求すべきなのか、討論し、考えます。どうかご参加下さい。
(ブックレットは予想を超えた売れ行きで、現在2刷りです。)
注文方法はこちら

|

« 原口総務大臣 NHKに「要請放送」を通知 | トップページ | 民放ラジオ、ネット同時放送解禁へ »

投稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185402/33743407

この記事へのトラックバック一覧です: イベント: 第36回 放送フォーラム 危機にあるテレビ制作現場:

« 原口総務大臣 NHKに「要請放送」を通知 | トップページ | 民放ラジオ、ネット同時放送解禁へ »