« NHKは、「密約問題」報道でも放送法を守るべき! 投稿者:ささき のぶひこ 2010/2/27 | トップページ | レポート(第3回) 今後のICT分野における国民の権利保障等の在り方を考えるフォーラム メディア総合研究所 »

2010年3月 2日 (火)

(第3回)3/1今後のICT分野における国民の権利保障等の在り方を考えるフォーラム

総務省HPより
動画配信(オンデマンド
ナローバンド(28Kbps)(WindowsMediaPlayer) ※速報版
ナローバンド(28Kbps)(RealPlayer) ※速報版

 

<議事次第>
アジェンダ設定について
音構成員 説明資料
日本放送協会 説明資料
民間放送事業者(TBSテレビ、テレビ朝日、石川テレビ放送) 説明資料
参考資料
第2回会合議事録
スケジュール(案)
座席表
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/kenri_hosyou/25418.html
アジェンダ設定について  平成 22年3月1日
(1) 第 1回及び第2回会合における議論を踏まえ、ICT分野における 報道・表現の自由を守る「砦」に関する検討を行うに当たり、当面、 次の項目について議論を深めることとする。

① 放送分野における報道・表現の自由を守る取組について ・放送事業者のコンプライアンス体制の現状と評価 ・業界の自主的規制機関であるBPOの現状と評価(BPOがカバ ーできない問題への対応等)

② 通信分野における報道・表現の自由を守る取組について ・インターネットの安心・安全な利用の確保に向けた民間の自主的 取組の現状と評価

③ 行政による対応の現状と課題 ・これまでの行政による対応(法整備、行政指導等)の評価 ・第三者的な監視組織の必要性及び課題 (業務内容とその運営の政治的中立性や公正性の担保、立法機関 との関係、既存の審議会や政府全体の評価機関等との関係等)

④ その他ICT分野における権利保障に係る枠組みの現状と課題 (訂正放送制度、クロスメディア所有の在り方、記者クラブ制等)

⑤ 上記①~④についての諸外国の状況、国際比較

(2) また、上記(1)と並行して、国民の権利保障の観点から、次のとおり、 「情報に対する地域や市民のアクセス機会の拡大等を通じて、ヒュー マンバリューを向上させる方策」に関する議論を深めることとする。

① これまで情報の受け手だった国民が自ら発信する側となるための 仕組み(いわゆるパブリック・アクセス)
② 諸外国及び国内(地域)の状況(国内外の先進的な取組事例(ネ ット・ラジオの同時配信等)等
(注) 具体的なコンテンツ振興策については、「グローバル時代におけ るICT政策に関するタスクフォース・国際競争力強化検討部会」 において今後議論される予定となっているが、必要に応じて情報共 有、連携を図ることとする。

(3) その他の論点については、上記(1)及び(2)に関する議論や他の会合 等における検討の状況を踏まえ、別途検討・判断することとする。
(4) 上記を踏まえ、第3回会合以降、別紙のとおりヒアリングを行うこ ととする。

別紙 ヒアリング予定(案)
第 1回 3月1日(月)17時00分~18時30分 【対象者】 ○音好宏 構成員(上智大教授) ○ 日本放送協会(NHK) ○ 民間放送事業者 ((株)TBSテレビ、(株)テレビ朝日、石川テレビ放送(株)) ○ (社)日本新聞協会 第 2回 3月29日(月)17時00分~18時30分 【対象者】 ○ 宍戸 常寿 構成員(一橋大准教授) ○ 放送倫理・番組向上機構(BPO) ○特定非営利活動法人東京都地域婦人団体連盟 ○日本弁護士連合会 第 3回 (日程未定) 【対象者】 ○ 上杉 隆 構成員(ジャーナリスト) ○木原くみこ 構成員((株)らむれす(三角山放送局)会長) ○ 中村伊知哉 構成員(慶応大教授) ○深尾 昌峰 構成員(きょうと NPOセンター常務理事) ○(社)日本PTA全国協議会 ○村井 純 (慶応大教授) ○森亮二 (弁護士) ※ 進行方法(各回共通) ①対象者から各自5~10分程度でプレゼンを行っていただく。 ② 一通りプレゼン終了後、残りの時間で意見交換(30分以上 を確保)。

|

« NHKは、「密約問題」報道でも放送法を守るべき! 投稿者:ささき のぶひこ 2010/2/27 | トップページ | レポート(第3回) 今後のICT分野における国民の権利保障等の在り方を考えるフォーラム メディア総合研究所 »

独立放送委員会構想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185402/33596748

この記事へのトラックバック一覧です: (第3回)3/1今後のICT分野における国民の権利保障等の在り方を考えるフォーラム:

« NHKは、「密約問題」報道でも放送法を守るべき! 投稿者:ささき のぶひこ 2010/2/27 | トップページ | レポート(第3回) 今後のICT分野における国民の権利保障等の在り方を考えるフォーラム メディア総合研究所 »