« クロスオーナーシップの規制について、ようやく報道した日本のマスメディア  | トップページ | 2010/2/18 シンポジウム「新しい時代の放送・通信と政府」 »

2010年2月 7日 (日)

NHKの“番審”で考えたこと 森 まゆみ 作家・編集者

作家・編集者の森まゆみさんが4年間務めたNHK関東甲信越番組審議会委員を退任するのを機に「新聞案内人」欄の2010年1月26日号に、「NHK“番審”で考えたこと」と題する論説を発表しています。番組審議会の議論の模様を知る上で興味深いのと同時に、NHKの番組制作に関する森さんの鋭い指摘がちりばめられていて、私たちの運動にとって大変有益な内容です。こちら
○オンデマンド放送は無料でいいのでは?
(批判的な意見を大切に)
○権力批判する国内ドキュメンタリーが撮れない
(常套句は避けてほしい)
○名番組はアーカイブで蓄積・活用したい
(碩学の言葉と映像を残す意味)

http://allatanys.jp/B001/UGC020005020100125COK00472.html
 

|

« クロスオーナーシップの規制について、ようやく報道した日本のマスメディア  | トップページ | 2010/2/18 シンポジウム「新しい時代の放送・通信と政府」 »

投稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185402/33184244

この記事へのトラックバック一覧です: NHKの“番審”で考えたこと 森 まゆみ 作家・編集者 :

« クロスオーナーシップの規制について、ようやく報道した日本のマスメディア  | トップページ | 2010/2/18 シンポジウム「新しい時代の放送・通信と政府」 »