« ETV2001改変事件-残された課題--武蔵大シンポジウムレポート | トップページ | 問題を軍事的実利に還元し、思想を封印するレトリック~『坂の上の雲』は明治期の軍国日本をどう美化したか(第1回)~ »

2009年11月 6日 (金)

イベント案内 独立放送委員会構想についての討論集会他

1.独立放送委員会構想についての討論集会   放送を市民の手に~「日本版FCCを考える」

新政権の原口総務相は、放送行政を政府から切り離す「日本版FCC構想」を打ち出しています。国家権力が放送に介入しない仕組みを作る提案として、評価できます。しかし、放送局への免許権限を新独立委員会に委ねるかどうかや、番組監視機能を現在のBPOに継続させるかなど、肝心の点は不透明です。
最前線で取材している原さんに聞きます。
講師  原 真氏(共同通信文化部記者)
日時  2009年11月28日(土)午後1時会場・1時30分開会   
参加費:1000円     (放送を語る会会員・学生500円)
会場  出版労連会議室  文京区本郷4-37-18 いろは本郷ビル2F
              03-3816-2911
申し込み 日本ジャーナリスト会議へ 月・水・金午後1時~午後5時 
電話03-3291-6475  ファックス03-3291-6478
(なお、会場が手狭のため先着50名まで)
主催 日本ジャーナリスト会議・放送を語る会
詳細はこちら

2.マスコミ九条の会連続セミナー「新政権とメディア」(全2回)

◆第1回:11月27日(金)18時15分~21時
テーマ:「マスメディアの危機的状況と現場の課題―放送の内側から見る」
――NHK放送現場40年、そこで体験したこと、ジャーナリストとして目指したもの、これからの放送ビジョンなどを語る
報告者:桜井 均さん(元NHKプロデューサー)

◆第2回:12月17日(木)18時15分~21時
テーマ:「民主党政権下の安全保障政策」
報告者:半田 滋さん(東京新聞編集委員)
司会:桂 敬一氏(元東京大学教授・マスコミ九条の会呼びかけ人)
会場:東京・神田神保町 岩波セミナールーム
詳細はこちら

|

« ETV2001改変事件-残された課題--武蔵大シンポジウムレポート | トップページ | 問題を軍事的実利に還元し、思想を封印するレトリック~『坂の上の雲』は明治期の軍国日本をどう美化したか(第1回)~ »

独立放送委員会構想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185402/32102940

この記事へのトラックバック一覧です: イベント案内 独立放送委員会構想についての討論集会他:

« ETV2001改変事件-残された課題--武蔵大シンポジウムレポート | トップページ | 問題を軍事的実利に還元し、思想を封印するレトリック~『坂の上の雲』は明治期の軍国日本をどう美化したか(第1回)~ »