« 受信料10%還元を明言 NHK会長「計画は堅持」 | トップページ | ETV2001改変事件-残された課題--武蔵大シンポジウムレポート »

2009年11月 6日 (金)

「坂の上の雲」ドラマ化めぐり論議 11/8pm1:30神戸

司馬遼太郎さん原作「坂の上の雲」ドラマ化めぐり論議 

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002497102.shtml
 

NHKが11~12月に放映するドラマ「坂の上の雲」をめぐり、市民団体や近代史専門家らが、原作者の故司馬遼太郎さんが「ミリタリズム(軍国主義)を鼓吹(こすい)しているように誤解される」と映像化を拒み続けていたことを挙げ「9条改悪の世論作りになる」などと批判している。県内では問題点を考えるシンポジウムも開かれるが、NHKは「誤解を恐れた司馬さんの思いを生かして制作している」と説明する。(森本尚樹)

 「坂の上の雲」は司馬さんの代表作の一つで、日露戦争の海軍参謀・秋山真之、その兄で陸軍軍人の好古(よしふる)、俳人正岡子規らの奮闘や苦悩を軸に、近代化に突き進んだ明治を描く。ドラマは本木雅弘さん主演でNHKが制作し、11月29日から第1部5回が放映される。

 だが、司馬さんは生前、映画・ドラマ化の申し入れを一貫して拒否し、NHKの番組で「なるべく映画とかテレビとか、そういう視覚的なものに翻訳されたくない作品でもあります。うかつに翻訳すると、誤解されたりする恐れがありますからね」と述べている。

 「NHK問題を考える会」(兵庫)事務局の西川幸さんは「自衛隊の海外派兵恒久化や憲法改悪の論議がくすぶる中での放映で、視聴者として問題点を考えたい」としている。

 中塚明・奈良女子大学名誉教授(日本近代史)も「原作は日本の朝鮮支配と直結していた日清、日露戦争の真実に触れていない。韓国併合100年を翌年に控えた時期に公共放送での放映は理解できない」と指摘する。

 NHK広報局は「司馬遼太郎記念財団から故人の遺志も理解した上で映像化の許可をいただいた。6年前にドラマ化を決定・発表しており、昨今の(政治的な)動きと連動するものではない」と説明する。

 NHK問題を考える会は県内の平和団体や労働組合などの協賛も得て、11月8日午後1時半から、神戸市中央区の県私学会館でシンポジウム「なぜ、いま『坂の上の雲』かを考える」を開く。資料代1000円。同会TEL078・351・0194

(2009/11/06 10:22)
ところ 兵庫県私学会館(http://www.hyogo-shigaku.or.jp/map.html
基調講演 中塚明さん(奈良女子大学名誉教授)
コーディネーター 湯山哲守さん(NHK監視・激励する視聴者 コミュニティ共同代表、元京都大学専任講師・物理学)
パネリスト 土橋亨さん(映画監督)、石川康弘さん(神戸学院大学教授)、牧俊太郎さん(元大阪民主新報編集長)、羽柴修さん(弁護士)
よびかけ団体 NHK問題を考える会(兵庫)

|

« 受信料10%還元を明言 NHK会長「計画は堅持」 | トップページ | ETV2001改変事件-残された課題--武蔵大シンポジウムレポート »

坂の上の雲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185402/32099334

この記事へのトラックバック一覧です: 「坂の上の雲」ドラマ化めぐり論議 11/8pm1:30神戸:

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/11/07 09:41) [ケノーベル エージェント]
神戸市中央区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年11月 7日 (土) 09:42

« 受信料10%還元を明言 NHK会長「計画は堅持」 | トップページ | ETV2001改変事件-残された課題--武蔵大シンポジウムレポート »