« 月刊『WILL』9月号の悪質な捏造による当会に対する中傷に抗議する!! | トップページ | NHKスペシャル「日本海軍 400時間の証言」を視て考えたこと »

2009年9月 6日 (日)

放送を語る会20周年記念のつどい NHK番組改変事件~何が残された問題か~

放送を語る会が、ETV番組改変事件をテーマに以下のような集会を企画されています。

事件当事者の永田・長井両氏が初めて揃ってパネラーで出席します。
裁判原告のVAWW-NET共同代表西野瑠美子氏も出席します。
ご期待下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
放送を語る会20周年記念のつどい
NHK番組改変事件~何が残された問題か~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
8年前のNHKの番組「問われる戦時性暴力」について、NHKは依然として「政治的圧力による番組改変の事実はなかった」と主張している。
ほんとうにそうなのか・・・・ この集会は、番組の当事者の声を直接聞くことでNHKの公式見解を厳しく問い直し、事件の経過から何を教訓として学ぶか、日本の組織ジャーナリズムの現状を踏まえて討論する。
***********************************************
   2009年9月26日(土)12時~17時
     石神井公園区民交流センター 展示室兼集会室 
     池袋から西武池袋線石神井公園駅北口下車
     徒歩1分(駅前にあり)
***********************************************

あいさつ 松田 浩氏(放送研究者)
        「放送を語る会20周年によせて」

第1部 そのとき何が起こったのか~担当者に聞く
永田浩三 氏 (「問われる戦時性暴力」プロデューサー)
長井 暁 氏 (同番組デスク)
                      聞き手 戸崎賢二(放送を語る会)

第2部 討論「番組改変事件」から何を学ぶか
原 寿雄 氏  (ジャーナリスト)
西野瑠美子 氏  (VAWW-NETジャパン共同代表)
永田浩三 氏  (元NHKプロデューサー・武蔵大学教授)
長井 暁 氏  (元NHKプロデューサー)
司会
野中章弘 氏  (アジアプレス・インターナショナル代表)
************************************************
※資料代 800円  (主催団体会員・学生500円)
※終了後懇親会を予定
(会費3000円程度 受付時申し込み)
主催 放送を語る会  練馬・文化の会
協賛 日本ジャーナリスト会議  メディア総合研究所

|

« 月刊『WILL』9月号の悪質な捏造による当会に対する中傷に抗議する!! | トップページ | NHKスペシャル「日本海軍 400時間の証言」を視て考えたこと »

ETV2001」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185402/31250798

この記事へのトラックバック一覧です: 放送を語る会20周年記念のつどい NHK番組改変事件~何が残された問題か~:

« 月刊『WILL』9月号の悪質な捏造による当会に対する中傷に抗議する!! | トップページ | NHKスペシャル「日本海軍 400時間の証言」を視て考えたこと »